沖縄「平和の礎」名前を読み上げる集い

2022年6月12日~23日にかけて、「平和の礎」刻銘者(24万1632名)と本年の新刻銘者(55名)のお名前を読み終えました。
皆様ご協力ありがとうございました!!

現在、2023年6月の開催に向けて実行委員会の立ち上げ準備中です。
読み上げ参加およびボランティア参加の募集要項についても、2023年4月頃をめどにお知らせできると思います。

このホームページは当面、沖縄県提供の「平和の礎」刻銘者名簿について、フリガナ等の情報を調査するワーキンググループの活動をお知らせする場とさせていただきます。

以下に、この集いの趣旨などの説明文を残しておきます。

沖縄慰霊の日に向けて

6月23日は沖縄慰霊の日です。
現地に配備された日本軍の組織的な戦闘が終結したこの日から、今年で77年目となりました。
沖縄「平和の礎」は、沖縄戦などで亡くなられた民間人・軍人・軍属、24万1632名の氏名を国籍問わず刻んだ記念碑です。
2022年6月、ここに刻銘されている戦没者のお名前を読み上げる集いを開催いたします。ご興味のある方からのご連絡をお待ち申し上げております!

沖縄「平和の礎」名前を読み上げる実行委員会

開催概要

開催日時

開催日時は検討中ですが、2022年6月中旬から23日までの間の期間を予定しています。この期間中は早朝5時~翌日午前3時までの時間、誰でも参加可能なウェブ会議システム(ZOOM)で全国をつなぎ、参加者が順々に交代しながら戦没者名簿のお名前をリレー方式で読み上げます。

参加方法

お名前の読み上げに参加する方法は3つあります。
① インターネット接続されたPC or スマホからウェブ会議に参加する
② 電話でウェブ会議に参加する(通話時間は20~30分程度かかります)
③ 現地会場に行く(沖縄県内と都内に会場を設ける予定です)

お名前の読み上げ方

事前に事務局と相談のうえ参加日時を決定していただき、読み上げる名簿をお渡しします。名簿を読み上げる要領は以下のとおりです。
・最初に簡単に自己紹介をします。
・名簿のお名前を「さん」をつけて読み上げます。
・30分で500人、あるいは15分で250人のお名前を読みます。

※沖縄県から提供された名簿には、下のお名前のフリガナがありません。遺族会や自治体にあたりましたが情報はないようです。亡くなられた方々の正確なお名前(当時呼ばれていた名前)を知るには、当時を知る方に尋ねるしかないとなれば、今回の催しを通じて広く訴えるしかありません。ですから、今年読み上げる名簿については、一般に馴染みのある名前の読み方に沿ってフリガナをふっていく作業が必要です。フリガナ作成にご協力頂ける方のご連絡をお待ちしております!(←クリックでメール起動)

参加申し込み方法

ご興味のある方は、参加申し込みフォームにてご連絡ください。
※参加申し込みフォームは現在閉じております※
実際に参加できるかどうか分からないけれど…という方も大歓迎です。ご連絡を頂けましたら、1週間以内にご返事いたします。
また、このイベントについてご質問のある方は、メールまたは電話にてご連絡ください。
皆様からのご連絡をお待ち申し上げております!

主催者情報

このイベントは、様々な立場の個人が集う” 沖縄「平和の礎」名前を読み上げる実行委員会” が企画・運営しております。

名簿フリガナ班

このホームページは当面の間、沖縄県から提供された「平和の礎」刻銘者名簿にフリガナなどの情報を追加するためのワーキンググループの活動をお知らせする場とさせていただきます。

お問合せ先

メール:ishiji@notnet.jp

【沖縄「平和の礎」名前を読み上げる実行委員】(五十音順、敬称略)

※2022年度の実行委員会は2022年8月をもって任務を終了し解散いたしました。

実行委員は、この集いを成功させるために「読み上げに参加する」「周囲の人に参加を呼び掛ける」人々のゆるやかな集まりです。実行委員は、可能な範囲で月に数回のウェブ会議に参加し、参加者募集の活動や催しの準備を推進します。